7月6日 京都市「災害に強いまちづくり講座」にて 竹之内特定准教授が講演を行いました

令和元年7月6日 京都市南区にある、京都市市民防災センターにおいて 2019年度「災害に強いまちづくり講座」にて 竹之内健介特定准教授が講演を行いました。

NHK NEWS WEB の紹介記事:  “避難スイッチ”地域で考えて

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190706/2000017370.html

去年7月の西日本豪雨から1年となる6日、京都市南区で避難を始めるタイミングなどを考える講演会が開かれました。 西日本豪雨を教訓に災害に巻き込まれる前に避難する大切さを考えてもらおうと開かれた講演会には、市民など約200人が集まりました。 この中で、京都大学防災研究所の竹之内健介特定准教授は、西日本豪雨では住民の避難が遅れて被害が拡大したことや、地球温暖化で今後さらに災害が増えるおそれがあることなどを紹介しました。

7月2日 関西テレビ 報道ランナー 特集コーナーにて,竹之内特定准教授の取組が紹介されました.またインタビューにこたえました.

7月2日(火)【特集】ギリギリで”避難成功”、そのカギは…住民の”危機察知力” いつ逃げる? その「きっかけ」は?

https://www.ktv.jp/runner/backnumber/201907020.html

6月15日NHKニュースセブンにて竹之内特定准教授の三重県伊勢市における「防災スイッチ」取り組みが紹介されました

令和元年6月15日(土) 三重県伊勢市立中島小学校において
竹之内特定准教授が防災教育事業を実施しました。その様子は
同日夜 7時放送のNHKニュースセブンにて紹介されました.
三重県伊勢市立中島小学校 2019.6.15

参考:豪雨から身を守るには? 避難の「スイッチ」を考える訓練/NHK NEWS WEB

参考:NHK WEB特集 いつ逃げますか?/NHK  NEWS WEB

三重県伊勢市立中島小学校 2019.6.15
「まずは、自分たちはいつ避難すべきかを議論することが必要。実際の災害時に『スイッチ』をしっかりと押し、命を守る行動に移せるような取り組みを各地で増やしてほしい」 談:竹之内特定准教授

6月13日NHK時論公論 『避難スイッチ』で防災行動を (竹之内特定准教授取組関連)

2019年06月13日 (木)  NHK時論公論(松本 浩司 解説委員)にて、竹之内健介特定准教授が取り組んでいる「避難スイッチ」に関して、取り上げられました。

詳しくはNHK解説委員室ウェブサイトをご覧ください

5月11日 本間特任助教が,日本災害情報学会創立20周年記念 シンポジウム「防災における“住民の主体性”」にて講演を行いました.

           

発表タイトル:主体的な防災における「不確実な」気象情報の役割

発表者:本間 基寛 (本務先:一般財団法人 日本気象協会)

本間基寛特任助教が日本災害情報学会創立20周年記念シンポジウム「防災における“住民の主体性”」で講演を行います。

日本災害情報学会創立20周年記念シンポジウム

2019年5月11日(土)       13:00 開場   
13:30~ 平成30年7月豪雨災害調査団中間報告会  
14:00~ シンポジウム「防災における“住民の主体性”」  
17:00  終了  
会場:東京大学福武ホール ラーニングシアター  
参加費無料・事前申込不要 

シンポジウムチラシ