研究室概要

    • 革新的な気象水文情報の開発と利用
    • キーワード:予測情報の高度化,情報利活用,研究成果の社会還元,革新的観測手法,ドローン,IoT

  • Phase Ⅱ:2018年10月1日~2023年9月30日
  • ■ 研究課題
  •  ① 災害予測の高度化に関する研究
  •  ② 革新的な気象・大気質観測手法の開発
  •  ③ 気象水文情報の利活用に関する研究
  • ■ 研究内容
  •  ①  ・世界最先端のシミュレーションモデル開発
  •         ・災害リスク評価に必要な精緻なハザード情報の提供
  •  ② ・シミュレーションモデルの検証・改良に活用
  •         ・災害発生時に機動的に観測データを取得可能(ex. 火山噴火)
  •  ③ ・自主的な防災対応につながる革新的な気象水文情報の提言
  •         ・最先端科学技術と利用者(住民・事業者)文化を結びつける技術開発

■ 「災害予測の高度化」「革新的な観測手法」「気象水文情報の利活用」
         ~三位一体の研究開発概念~


  • Phase Ⅰ:2013年10月1日~2018年9月30日
  • ■ 研究課題
  • 主な研究課題は,以下の通りです.
  •  ・豪雨のフィールド観測を通した極端気象の解明
  •  ・ラージ・エディ・シミュレーション(LES)にもとづく都市気象モデルの開発
  •  ・アンサンブル予測を活用したリスク情報の作成及び実社会への適用方策の検討
  •  ・マーケティングを活用した気象情報提供方策の開発
  •  ・市民の防災行動を誘発する気象情報提供の社会実験
  • ■ 研究内容
    •  ・防災研究所屋上での気象観測

okujyo_kansoku_large

    •  ・研究の枠組み

framework

    •  ・不確定リスク情報の実社会への適用

application