佐々木寛介特定准教授,志村特定助教が,桜島火山観測所を拠点とし,一般財団法人日本気象協会と共同でドローンを用いた噴石模型落下実験をおこないました.

日本気象協会HP

日本気象協会×京都大学防災研究所 ドローンを活用した噴石模型の合同投下実験を鹿児島県の桜島で実施  噴石がどのように落下するのか、速度や衝撃力なども調査 Press Release/2019.10.30
南日本新聞 2019年10月30日 掲載
関連記事
産経新聞
西日本新聞
gooニュース
鹿児島テレビ
FNNプライム
livedoorニュース
yahooニュース

平成31年3月25日-27日,佐々木寛介特定准教授が鹿児島県桜島においてUAVによる桜島火山調査実証を行いました.

佐々木寛介特定准教授が,一般財団法人 日本気象協会 井上様,依田様とともに,桜島火山観測所を拠点として,UAVによる桜島火山調査実証を行いました.

調査目的:
複合気象センサを搭載したUAVによる、地上から最高1000mまでの気象場の鉛直プロファイル観測を行う.また,上空の火山ガスや火山灰のモニタリング調査を行う.

調査概要:気象および火山ガス調査 および,噴石模型落下試験

実施日:平成31年3月25日~27日

使用ドローン:
ルーチェサーチ製 SPIDER_CS-6(一般財団法人日本気象協会所有)
調査に応じて,超音波風向風速計,温湿度センサ,火山ガスモニター,PMモニターなどの各種センサを搭載.

噴石模型落下試験の様子をPhantomで撮影.

新燃岳にてドローンを用いた高層気象・火山観測実証試験を行いました.

佐々木,志村が,新燃岳周辺において,ドローンを用いた高層気象・火山観測実証試験を行いました.(2018/3/25-27)

-SPIDER CS-6によるテストフライトの様子-